矢田屋松濤園の温泉

「今度、片山津温泉の矢田屋松濤園に泊まるけど、温泉(露天風呂)はどんな感じ?」と気になっていませんか?

そんな方のために矢田屋松濤園の温泉(露天風呂)を徹底紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

矢田屋松濤園の温泉の泉質は?

脱衣場に掲示された温泉分析書

矢田屋松濤園の温泉は、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性中性高温泉)です。

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉は、保温効果があって湯冷めしにくく、女性に多い冷え性にも効能があると言われます。

矢田屋松濤園の温泉は自家源泉ではありません。

片山津温泉配湯所から配湯された温泉が浴槽に注がれています。

実を言いますと、片山津温泉の各旅館は自家源泉を持っていません。

片山津温泉の各旅館は全て片山津温泉配湯所から配湯された温泉を使って営業しているんです。

つまり、片山津温泉のどの旅館で入浴しても温泉は同じということです。

●源泉名・・・・・片山津温泉(2号源泉)

●湧出地・・・・・石川県加賀市片山津温泉乙71-1

●泉温・・・・・72.8℃

●湧出量・・・・・毎分400リットル(動力揚湯)

●知覚的試験・・・・・無色・透明・強塩味、苦味・無臭

●pH値・・・・・7.0(ガラス電極法)

浴用の適応症

●一般的適応症・・・・・筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性病)、運動麻痺における筋肉ののこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進

●泉質別適応症・・・・・きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症

浴用の禁忌症

●一般的禁忌症・・・・・病気の活動期(特に熱のある場合)、活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い腎臓の病気、消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期

●泉質別禁忌症・・・・・該当項目なし

温泉分析書以外に以下の文面を掲載した「温泉掲示表」が脱衣場に掲示されていました。

●塩素殺菌(レジオネラ菌対策)

●源泉73℃のため加水

●ろ過循環(資源有効利用のため)

●厳寒期加温度(内湯の源泉飲用できます)

露天風呂

画像提供:じゃらん.net

露天風呂は柴山潟の絶景を拝みながらの湯あみが楽しめます(男湯)。

浴槽は一度に大人4人程度が入浴できる広さです。

お尻をつけて座って入浴してもバッチリ柴山潟を眺めることができます。

内湯に比べて泉温が低めに設定されているので、比較的長く浸かっていることができます。

露天風呂の眼下には日本庭園が広がっています。

そして、右手には東離れ(数寄屋)、左手にはお食事処 八福神が見えます。

男性の露天風呂は左隣りのNEW MARUYAホテルの一部の客室から“丸見え”になっているので、注意しましょう。

大浴場(内湯)

画像提供:じゃらん.net

大浴場(内湯)は畳約40畳ほどの広さの浴槽があります。

露天風呂に比べ、泉温が高くなっています。

浴槽の一角では源泉が注がれています。

源泉をすくって飲んでみると、「とても塩っ辛い!」。

塩化物泉であることを実感します。

洗い場は10ヶ所程度ありました。

浴場の広さ・洗い場の数は客室数(全39室)から考えれば、十分だと思います。

大浴場・露天風呂の営業時間

大浴場(内湯)・露天風呂が利用できる時間は14時から翌日の11時までです。

14時から翌日の11時の間は清掃時間が設けられていませんので、いつでも好きな時間に入浴できます。

しかし!

2020年9月現在、新型コロナウイルス感染症対策の一環として入浴時間をエントリーシートに記入することになっています。

エントリーシートはフロントの前に設置されています。

下の写真は同じ湯快リゾートグループのNEW MARUYAホテルに設置されたエントリーシートです。

片山津温泉配湯所について

矢田屋松濤園の温泉は、この片山津温泉配湯所から運ばれてきています。

片山津温泉配湯所は温泉を各旅館に配湯する機能に加え、棟内には薬師如来像を安置しているのだそうです。

昔は棟内に入ることが出来ましたが、今は入れなくなっています。

矢田屋松濤園と片山津温泉配湯所の位置関係は以下の図をご覧ください。

スポンサーリンク