矢田屋松濤園の夕食料理

「今度、片山津温泉の矢田屋松濤園に泊まろうと思うけど、料理はどんな感じ?」と気になっていませんか?

そんな方のために実際に宿泊した私が矢田屋松濤園の料理(夕食&朝食)を徹底レポートしたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

料理長は数々の表彰を受けてきた料理人・新井忠志氏

矢田屋松濤園の料理は数々の表彰を受けてきた料理長・新井忠志氏が担当しています。

お食事処 八福神の暖簾をくぐるとズラズラっと表彰状が飾られています。

この表彰状の数々を見ると、「どんな料理が出てくるのかな?」と期待感が膨らみます。

料理長・新井忠志氏は、矢田屋松濤園の従業員いわく「土地のものを、季節のものを」という誠実な食の提供を好む職人気質のおやっさん、だそうです。

新井忠志氏のFacebookページでも素晴らしいお料理の数々が紹介されています。

料理長・新井忠志氏のプロフィール

石川県生まれ、親子三代の料理人。

高校卒業後18歳より京都の修行より始まり、割烹店・活魚割烹店などを経てから旅館の料理界へと移行。

数館の旅館料理長の仕事を勉強し、33歳で1000名収容の大手旅館の調理課長を七年務める。

40歳にて矢田屋に入社、今日に至る。

●資格・栄誉

石川県加賀調理師会理事、日本調理師連合会師範、石川県調理師会会長賞、加賀食品衛生協会賞

新井忠志 料理長のコメント

土地の食材を題材に選んで調理し、飾らない・気取らない・肩のこらない料理としてお勧めする立場料理を基本に

“食は命なり”の言葉を一に考え、嘘のない料理である事を大切にしております。

日本料理の基本を重んじながら創意工夫に努めております。

矢田屋松濤園の夕食料理を徹底紹介!

では、ここから私がいただきました基本会席をご紹介していこうと思います。

旬菜一の膳・秋風薫る酒菜盛り

見た目にも美しく、どれも上品な味わいでした。

前菜としては質量ともに十分なのではないでしょうか。

割鮮

金沢中央卸売市場から直送された鮮魚五種盛り合わせです。

どれも新鮮でプリプリでした。

焼肴

沖目鯛の幽庵焼きです。

とても上品な味わいでした。

火炎

国産牛ロースのすき焼き鍋仕立てです。

とろろ芋にくぐらせていただきます。

すき焼きをとろろ芋にくぐらせて食べるというのは初体験でしたが、「いけますね!」。

「さすが新井料理長!」と感じました。

牛肉はとても柔らかくて口の中でとろけました。

口直

加賀野菜金時草の練り込みうどん冷製仕立てです。

揚物

海老射込里芋饅頭の揚げだしです。

食事の膳

お米は石川産こしひかり(能美市たけもとさん家のこしひかり米)です。

水雲真丈のお吸い物、漬物盛り合わせ、デザート(加賀採れぶどうのムース)が付きました。

お吸い物が美味しかったですね。

矢田屋松濤園の夕食の感想

今回は「基本会席」をいただきましたが、質量ともに十分でした。

この内容が基本なのですから、「基本会席」よりも上の会席はどんな内容なのでしょう?

やはり料理長の新井忠志さんは“ただもの”ではなかったです。

素材選びから調理、盛り付けに至るまで料理長のこだわりがひしひしと感じられました。

一品一品丁寧に作り込まれている印象でした。

これから矢田屋松濤園を訪れる方は料理に大きな期待を寄せて訪れてみてください。

矢田屋松濤園の朝食料理を紹介!

続きまして朝食料理に関しても簡単にご紹介します。

朝食は比較的軽いメニューでした。

しかし、どれも丁寧に作り込まれた印象を持ちました。

特にあさりの味噌汁が何ともマイルドな味で美味しかったです。

今にして思えば、味噌汁のおかわりを頼めば良かったなと思うほどです。

ご飯(石川産こしひかり)も大変美味しく、完食させていただきました。

ご飯は更なるおかわりが可能だそうです。

食事会場の紹介

矢田屋松濤園には2ヶ所の食事処(お食事処 八福神、大広間 吉祥)があります。

宿泊プランによって食事場所が異なるようです。

私は夕食・朝食ともにお食事処 八福神で食事をいただきました。

お食事処 八福神は離れになっており、本館1階から行くことができます。

お食事処 八福神は2階立ての建物です。

上の写真の手前に写っているのがお食事処 八福神です。

お食事処 八福神の後ろに見える建物は矢田屋松濤園の本館です。

お食事処 八福神は各室が個室になっており、誰にも邪魔されずに食事を楽しむことができます。

一階には、数々の小部屋があります。

椅子・テーブル席、掘りごたつ式のお座敷、庭園・茶室「松濤庵」に臨む奥の座敷と明るく現代風な席になっています。

二階は、静かな個室になっています。

一方、レストラン(大広間 吉祥)は本館8F(最上階)にあります。

レストラン(大広間 吉祥)には舞台があるようで、昔は団体旅行の宿泊客向けに様々な余興が行われていたのでしょう。

スポンサーリンク