輝乃湯の朝食バイキング

「今度、湯原温泉の湯快リゾート輝乃湯に泊まろうと思うけど、朝食バイキングはどんな感じ?」と気になっていませんか?

そんな方のために私が宿泊した際の朝食バイキングの様子を徹底的にご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

食事をした日・・・・・2020年10月20日

なお、夕食バイキングについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

レストラン会場・食事時間について

朝食バイキングの会場は夕食バイキングに引き続き3Fのレストラン四季彩でした。

朝食バイキングは2部制でした。

1部:7:30~
2部:8:00~9:00

私は7:30から朝食をいただきました。

それでは和食メニュー、洋食メニュー、デザートメニュー、ドリンクメニューに分けて朝食バイキングの内容を詳しくご紹介していきます。

和食メニュー

干物(鯖)です。

安定の(?)美味しさでした。

マスの西京味噌焼きです。

「う~んどうでしょう?」(笑)

鯖と大根の煮つけです。

蒸しすぎていて鯖も大根も硬かったです。

美味しくはなかったです。

鶏すき煮です。

特別美味しくはなかったですね(汗)。

牛肉コロッケです。

出汁巻き玉子です。

ほのかな甘みがあって美味しいですよ。

湯豆腐です。

青ねぎとおろし生姜、ぽん酢も用意されていました。

勲章料理人 太田忠道特製そばです。

実際に食べてみましたが、特に印象に残っていません。

温泉卵です。

蓮根きんぴらです。

わかめ酢です。

紅あずまの甘露煮です。

小松菜ときのこのお浸しです。

ネバネバ3兄弟(とろろ、めかぶ、オクラのおかか和え)です。

焼き海苔、納豆です。

おかず味噌(鰹)、するめ糀漬、おかず味噌(柚)です。

漬物コーナーです。

梅干し、福神漬、しば漬け、つぼ漬けの4種です。

ご飯(お米)は石川県産ゆめみづほです。

普通の白米以外に白粥も用意されていました。

豚汁です。

とっても具だくさんでアサリもたっぷり入っています。

これはオススメです。

地鶏茶漬けのコーナーです。

地鶏茶漬けコーナーにはあられ、みつば、わさび、刻みのり、かつお梅、鶏ほぐし身が用意されていました。

洋食メニュー

サラダバーです。

ウインナーです。

側にマスタードとケチャップが置かれていました。

ポテトフライです。

ついつい食べてしまうメニューです。

焼き立てクロワッサンです。

焼き立てチョコデニッシュです。

レストラン内に設置されたマシーンで焼き上げられたばかりのパンをいただくことができます。

コーンポタージュです。

ビーフカレーです。

ビーフカレーは夕食バイキング時も提供されていました。

なかなかイケますよ!

デザートメニュー

オレンジ、パイナップルです。

左端はシリアルです。

ヨーグルトと青森りんごゼリーです。

側にはヨーグルトにかけるソースが3種置かれていました。

ドリンクメニュー

野菜ジュースと牛乳です(無料)。

コーラ、ウーロン茶、炭酸水など、11種類のソフトドリンクが供給されるドリンクサーバーです。

もちろん無料で利用できます。

冷たい飲み物ばかりでなく、温かい飲み物も飲めます。

上の写真は煎茶(HOT or COLD)、ほうじ茶(HOT or COLD)、おいしい水(お湯 or 冷水)、おいしい水(ぬるめ)が飲めるサーバーです。

コーヒー(ホット&アイス)です。

紙コップも用意されているので、“お持ち帰り”も可能です。

朝食バイキングの感想

和食メニューと洋食メニューが用意されていましたが、和食メニューに偏ったメニュー構成だという印象を持ちました。

洋食派の方は少し不満かもしれませんね。

洋食派の方のためにスクランブルエッグやベーコンなどのメニューがあってもいいかもしれません。

私はどちらかと言うと和食派なので、不満はありませんでした。

朝食に多くを望むのは酷というものですから、“こんなもの”じゃないでしょうか?

なお、夕食バイキングについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク