輝乃湯の浴衣

「今度、湯原温泉の湯快リゾート輝乃湯に泊まるけど、浴衣はどんな感じ?」と気になっていませんか?

そんな方のために輝乃湯の浴衣を現地調査してきました。

ぜひ参考にしてみてください!

※ 調査日・・・・・2020年10月19日

スポンサーリンク

浴衣はフロント横の浴衣コーナーから

湯快リゾートを一度でも利用したことがある方なら、ご存じだと思いますが、湯快リゾートグループのホテルでは客室に浴衣が用意されていません。

浴衣はフロント近くに設置された浴衣コーナーから宿泊客自身が好みの浴衣を選んで部屋に持っていくスタイルになっています。

輝乃湯でもフロント横に浴衣コーナーが設置されています。

チェックインを済ませたら、忘れずに浴衣コーナーから浴衣を持参するようにしましょう。

なお、丹前と帯は客室のクローゼットに用意されています。

特小(140~150cm)

小(151~160cm)

小(151~160cm)はもう1棚ありましたが、全く同じデザインの浴衣でした。

中(161~170cm)

特小(140~150cm)、小(151~160cm)に比べればデザインのバリエーションがありました。

ですが、全体的に地味なデザインの浴衣が多い印象です。

大(171~180cm)

2種類のデザインの浴衣が用意されていました。

大(171~180cm)はもう1棚ありましたが、全く同じデザインの浴衣でした。

特大(181cm~)

特大サイズ(181cm~)の浴衣は1種類のみでした。

お子様(80~100cm、101~120cm)

お子様用(80~100cm)です。

お子様用(101~120cm)です。

一見すると、同じデザインの浴衣なのかなと思いましたが、3種類のデザインの浴衣でした。

浴衣コーナーには子ども用スリッパも用意されていました。

輝乃湯の浴衣の感想

他の湯快リゾートと“一線を画す”浴衣のラインナップでした。

地味なデザインの浴衣のオンパレードに驚きました。

他の湯快リゾートは女性向けのカラフルな柄から中高年向けの地味な柄まで多彩にラインナップされていますが、輝乃湯は違いました。

湯原温泉の土地柄に合わせたラインナップなのでしょうか?

この日はたまたま地味なデザインの浴衣ばかりだったのでしょうか?

スポンサーリンク