輝乃湯の客室(和室部屋)

「今度、湯原温泉の湯快リゾート輝乃湯に泊まろうと思うけど、客室(和室部屋)はどんな感じ?」と気になっていませんか?

そんな方のために私が宿泊した輝乃湯の客室(和室部屋)を徹底紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

客室(和室部屋)109号室を徹底紹介!

私が宿泊した109号室(スタンダードルーム・喫煙)は1階で、フロントに一番近い客室でした。

チェックインの際にフロントの方にそのことを告げられた時、「これは期待できんなぁ~。」と思いました。

恐る恐る109号室の玄関を開けてみたところ・・・

「おおぉ~!」

期待をいい意味で裏切られました。

玄関を入ってすぐに10畳の和室が広がり、川(旭川)に面した窓側に広縁がありました。

「いいじゃないですかぁ~。これがスタンダードルームですか?」というのが第一印象でした。

こちらの109号室は1~5名が宿泊できる喫煙ルームだそうです。

7,500円(税別)で宿泊できるんですから、文句はありません。

川(旭川)に面した広縁です。

川(旭川)にはカルガモの姿も見られ、心が和みました。

客室からの風景

玄関付近に洗面所とトイレがあります。

洗面所はコンパクトですが、必要十分でした。

写真には写っていませんが、洗面所の左側にトイレがあります。

なお、109号室には浴室はありませんでした。

トイレです。

綺麗で清潔感がありました。

洗浄機能もばっちり付いていました。

客室に用意されていたアメニティ

私が宿泊した際(2020年10月19日)に客室に用意されていたアメニティは以下の通りです。

●歯みがきセット

●ティッシュ

●コップ

●ハンドソープ

●紙タオル

●浴用タオル

●バスタオル

●スリッパ(館内の移動に使用)

●浴衣用の帯

●丹前(浴衣の上に着る羽織)

なお、館内で着る浴衣はチェックイン時にフロント横の浴衣コーナーから好きなものをチョイスします(客室には用意されていません)。

そして、客室に用意されていた備品には以下のような物がありました。

●ドライヤー

●洗浄機能付きトイレ

●お茶セット(茶碗と煎茶のティーパック1つ)

●湯沸かしポット

●テレビ

●エアコン

●電話

●冷蔵庫

●鏡台

●金庫

●蚊取りマット

客室(和室部屋)109号室に宿泊した感想

とても快適でした。

ホテル外観の“くたびれ”具合からは想像できないぐらい清潔で綺麗な部屋でした。

窓から見える山間の景色にも癒されました。

窓側の広縁の椅子に腰かけて、風景を愛でながら優雅なひとときを過ごすことができました。

スタンダードルーム(宿泊料:税別7,500円)でしたが、大満足でした。

スポンサーリンク