湯快リゾートプレミアム白浜御苑

「今度、湯快リゾートプレミアム白浜御苑に泊まるんだけど、バイキング料理(朝食)が気になる!」という方はいませんか?

そこで今回は、私が白浜御苑に宿泊した際の朝食バイキングの模様を徹底レポートいたします。

ぜひ参考にしてみてください!

なお、夕食バイキングの模様は以下の記事にまとめております

スポンサーリンク

朝食バイキングの場所・時間は?

レストランなごみ

白浜御苑の朝食バイキングの会場は、3階の「レストランなごみ」です。

私が宿泊した翌朝(2020年1月22日水曜日)は、7:00~9:30の好きな時間に利用するようにチェックイン時に言われました。

繁忙期(夏休みシーズン etc.)は、営業時間が延長されていたり、2部制が採用されていたりするかもしれません。

朝食バイキングはセルフサービスで完全自由席

白浜御苑の朝食バイキングはセルフサービスです。

各コーナーに用意された料理を好きなだけお皿に盛り付けていただく形です。

席は完全自由席です。

各テーブルには上の写真のような表(おもて)が「空席」で裏が「食事中」の札が用意されています。

「空席」の札が掲げられているお好きなテーブルを選んで食事することになります。

レストラン会場には要所要所に上の写真のようなお盆、料理を盛り付けるお皿、箸、ウェットティッシュが用意されています。

身体の不自由な方やお子さんを抱えた方などのためにお盆を載せることができるカートも用意されています。

朝食バイキングを徹底レポート!

朝食バイキングは夕食バイキングの「熊野牛焼肉バイキング」ほどの目立った特徴はありません。

しかし、和洋様々なメニューが用意されており、不満を感じることはないでしょう。

焼き魚として秋刀魚桜干し、鯖の干物、鱒の西京味噌焼きの3種が生の状態で用意されています。

卓上グリル

魚は夕食バイキング時に焼肉で大活躍した卓上グリルを使用して焼いていきます。

焼きたてを熱々で食べられるのが良いですね。

新鮮サラダバーです。

個人的にはキュウリがないのが残念ですが、必要十分なラインナップでしょう。

赤魚と大根の煮つけです。煮魚も用意されています。

“定番”の出汁巻き玉子です。

蒸し器のようなものに入れられ、熱々の状態でいただけます。

蓮根きんぴらです。

小松菜のお浸しです。

紅あずまの甘露煮です。

かぼちゃ含め煮のそぼろ餡です。

薩摩揚げです。

別の湯快リゾートで食べた薩摩揚げが美味しくなかったので、「これも同じかなぁ~。」と恐る恐る食べてみましたが、こちらは美味しかったです。

前回食べた薩摩揚げはたまたま“ハズレ”だったのでしょうか?

しらすおろし です。

温泉卵です。温泉卵の出汁もきちんと用意されています。

ネバネバ3兄弟(めかぶ、とろろ、オクラのおかか和え)です。

ネバネバ食材は体にとてもいいと聞きますから、積極的に食べたいですね。

ネバネバ食品の“王様”納豆もちゃんと用意されていますよ。

左は海苔です。

岩磯のり(中央)とおかず味噌(両脇)です。

漬物バイキングです。

きゅうり切り漬け、梅しそ寒干し、ゆず大根漬け、浜小茄子漬け、かつお梅干し、人参切り漬け、キムチらです。

白米のほかに茶粥も用意されています。

お茶漬けの用意もあります。

左に写っているのは、なめこの味噌汁です。

夕食バイキング時にも提供されていた熊野牛カレーです。

朝カレーが楽しめます。

梅うどん です。

梅うどんは、日本一のうどんを決める「U-1グランプリ」(2013年)で準優勝に輝いたことがあるそうです。

手造り温泉湯豆腐です。

それでは、ここからは洋食もご紹介していきます!

クロワッサン

クロワッサンです。

白浜御苑では、当日の朝に生地の状態からパンを焼いてくれています。

レストランスタッフの方が「焼きたてのクロワッサンいかがですか?」と各テーブルを巡回されていました。

1ついただきましたが、美味しかったです。

チョコデ二ッシュ

チョコデ二ッシュです。

チョコチップが入ったパンです。

なかなか美味しいです。

ピザデ二ッシュ

ピザデ二ッシュです。

ピザ風のパンです。

ピザデ二ッシュは、あまり美味しくないので、あえて食べる必要はないでしょう(あくまで個人の感想です)。

ミニハンバーガー

ハンバーグとその他の具材をバンズに挟んで作るミニバーガーのコーナーです。

朝からハンバーガーって食べたいですかね?(あくまで個人の感想です。)

みかんホイップサンド

みかんホイップサンドです。

和歌山名産のみかんを使ったパンです。

まずまずの味です。

コーンフレーク、チョコクリスピー、フルーツグラノラです。

ウインナー

ウインナーです。

ポテトフライとベーコンです。

スクランブルエッグです。

コーンスープです。

牛乳、野菜ジュース、野菜ジュース(紫)です。

野菜ジュースは、カゴメの「野菜生活」のようです。

ベビーフードコーナー

夕食バイキングと同様に赤ちゃんの離乳食も用意されています。

キューピーベビーフードの離乳食(レトルト食品)が3種用意されています。

「やわらか鶏の五目ごはん」「鮭と野菜のクリーム煮」「ささみと野菜のリゾット」の3種です。

続きまして、フルーツやデザートをご紹介していきます。

リンゴゼリー、マンゴー、ヨーグルトです。

パイナップル、オレンジ、ハネジューメロンです。

大きな輪っかのしみこみミルクケーキです。

モンドセレクション2019金賞を受賞しているそうです。

白浜御苑内の土産物店でも購入できます。

ソフトドリンクコーナー(無料)です。

ウーロン茶、コーラ、オレンジジュース、コーヒー(ホット&アイス)、お茶(緑茶、玄米茶、ほうじ茶)などをいただけます。

朝食時は、コーヒーを部屋に持ち帰って飲めるように紙コップ(フタあり)も用意されています。

朝食バイキングでもソフトクリームがいただけます。

さらにアイスクリームも用意されています。

レストラン会場の様子

朝食バイキング時のレストランの様子も合わせてご紹介します。

私はオープンの7時に合わせてレストランに入りましたが、宿泊客はまばらでした。

ですから、海が見える窓際の席をゲットすることができました。

私が座ったテーブルからは山の上から顔を出した朝日を見ることができました。

左に見えている建物はホテル川久です。

7時過ぎはまだお客さんがまばらです。

1~2人用のテーブル(海と反対側)です。

主に1人旅の方が利用しているようです。

レストランにはテラス席もあります。

季節の良い晴れた日にはテラス席で食事するのもいいかもしれません。

なお、夕食バイキングの模様は以下の記事にまとめております。

スポンサーリンク