ホテル千畳の夕食バイキング

「今度、湯快リゾートプレミアムホテル千畳に泊まるけど、夕食バイキングってどんな感じ?」と気になっていませんか?

そんな方のためにホテル千畳の夕食バイキングを徹底的にご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

なお、朝食バイキングに関しては以下の記事にまとめております

スポンサーリンク

ホテル千畳 夕食バイキングの特徴は?

画像提供:じゃらん.net

湯快リゾートプレミアムホテル千畳の夕食バイキングのコンセプトは「黒潮の恵み 海鮮を贅沢に味わうプレミアムバイキング」です。

他の湯快リゾートプレミアム(白浜彩朝楽、白浜御苑)と比較して、海鮮焼き(海鮮バーベキュー)を充実させたメニューになっています。

そのため、肉料理(牛肉料理)は充実していません(牛ステーキのみ)。

さらに、ホテル千畳では湯快リゾート最大級のキッズバイキングコーナーが設置されているのが“売り”です。

お子さんに人気の料理(チキンナゲット、ウインナー etc.)やカラフルな綿菓子などがあり、子育て世代を意識したメニュー構成になっています。

夕食バイキングの会場は?

レストラン WHITE BEACH

ホテル千畳の夕食バイキングの会場は、 1Fのレストラン WHITE BEACH (ホワイトビーチ)です。

ホテル千畳のフロントは2Fですので、地下1Fのイメージですが、れっきとした地上1Fです。

レストランはセルフサービス

ホテル千畳のレストラン WHITE BEACH (ホワイトビーチ)は、セルフサービスです。

各テーブルには上の写真のような札が置かれていますので、食事中は「食事中」の札を掲げます。

そして、食事が済んだら、「食事中」の札を裏返して「空席」の札にします。

なお、テーブルは自由席です。レストランスタッフから指定されることはありません。

「空席」の札が掲げられたお好きなテーブルを選んで食事します。

レストランの各所に上の写真のようなお盆、料理を盛り付ける皿、箸、フォーク、スプーン、紙ナプキンが置かれた場所があります。

宿泊客はこちらからお皿を取って、陳列された料理を取っていきます。

なお、使った食器はレストラン各所に設置された使用済み食器コーナーに持っていきます。

レストランの雰囲気は?

レストラン WHITE BEACH (ホワイトビーチ)の様子です。

レストラン内はとても清潔感があります。

夕食バイキングの時間は?

レストランの窓際席からの風景

ホテル千畳にチェックインする際にフロントの方に夕食と朝食の時間を告げられました。

私が宿泊した2020年1月15日水曜日(宿泊客が少なかった)は「18:00~20:30の間でお好きな時間にどうぞ!」でした。

ホテル千畳の夕食バイキングは通常、2~3部制が取られています。

例)1部:17:00~18:30、2部:18:00~19:30、19:00~20:30

ですから、私が宿泊した今回はだいぶ宿泊客が少なかったのでしょう。

2~3部制が取られている場合は、人気の時間帯(18:00~19:30)は先着順(チェックインが早い人順)になります。

ホテル千畳の夕食バイキングを徹底レポート!

では、ここからはホテル千畳の夕食バイキングを徹底的にレポートしていきたいと思います。

今回のレポートは、2020年1月15日水曜日に宿泊した際のものです。

ホテル千畳の“売り”の海鮮焼き(海鮮バーベキュー)をチェック!

まずは、ホテル千畳の夕食バイキングの“売り”である海鮮焼き(海鮮バーベキュー)からレポートしていきます。

海鮮焼き(海鮮バーベキュー)は、レストランスタッフの方があらかじめ焼いて提供してくれています。

ホタテ貝

海鮮焼き(海鮮バーベキュー)のホタテ貝です。

海鮮焼き(海鮮バーベキュー)の赤海老とイカです。

実は、海老とイカの海鮮焼き(海鮮バーベキュー)は、湯快リゾートプレミアム白浜御苑でも提供されています。

さらに湯快リゾートプレミアム白浜彩朝楽でも夕食バイキングでホタテ貝と赤海老の海鮮焼きが提供されています。

ですから、「湯快リゾートプレミアムの中でここでしか食べることができない!」という特別感はありません。

海鮮焼き(海鮮バーベキュー)のさざえ です。

以上の4品がホテル千畳の夕食バイキングの“売り”である海鮮焼き(海鮮バーベキュー)です(2020年1月15日宿泊時)。

訪れる季節や時期によって海鮮焼き(海鮮バーベキュー)のラインナップは変わるようです。

私が以前訪れた時は今回の4品に加え、はまぐり、ふぐの一夜干しも提供されていました。

ですから、今回(2020年1月15日)は、やや寂しい品ぞろえでした。

「海鮮焼き(海鮮バーベキュー)を“売り”にするなら、常時6品程度の品揃えは必要ではないか?」と感じました。

それと、残念なのは海鮮焼き(海鮮バーベキュー)が既に焼かれた状態で提供されることです。

以前(2019年7月以前)は、海鮮が生の状態で用意されていて、各テーブルに備え付けられたコンロでジュージュー焼くスタイルでした。

そう、まさに海鮮バーベキューです。

上の写真は、2019年6月にホテル千畳に宿泊した時のものです。

海鮮が生で提供されていました。

以前(2019年7月以前)は、上の写真のように生の海鮮を各テーブルに設置されたコンロでジュージュー焼くスタイル(海鮮バーベキュースタイル)でした。

個人的にはこの海鮮バーベキュースタイルが良いと思っています。

海鮮焼き(海鮮バーベキュー)の味ですが、「普通に美味しい。」いう印象です。

特別なプレミア感はありません。

今回(2020年1月15日)の海鮮焼き(海鮮バーベキュー)に関しては、「海鮮の品数が少ない!」「自分でジュージュー焼いてバーベキューを楽しめない!」という2点で残念でした。

もう1つの“売り”キッズバイキングコーナーをチェック!

画像提供:じゃらん.net

続きまして、ホテル千畳の夕食バイキングもう1つの“売り”である『湯快リゾート最大級のキッズバイキングコーナー』をレポートします。

キッズバイキングコーナーは、レストラン WHITE BEACH (ホワイトビーチ)の入口付近にあります。

キッズバイキングコーナーの周りは、“小さいお子さんのいる家族のエリア”という感じです。

キッズバイキングコーナーの近くにお子様チェアが用意されています。

離乳食

キッズバイキングコーナー には、キューピーベビーフードの離乳食(レトルト食品)が3品用意されています。

「鮭と野菜のクリーム煮」「ささみと野菜のリゾット」「やわらか鶏の五目ごはん」の3品です。

これは、ホテル千畳に限った話しではなく、湯快リゾートプレミアム白浜彩朝楽でも同様のラインナップで用意されています。

キッズバイキングコーナーのフライドポテト、たこちゃんウインナー、チキンナゲットです。

お子様カレーです。

超甘口のカレーなのだと思います。

手巻き寿司のコーナーです。

自分で手巻き寿司を作って食べるというのはお子さんが喜びそうですね!

フルーツグラノラとチョコクリスピーです。

フルーツグラノラとチョコクリスピーの横には牛乳とゼリーが置いてあります。

チョコレートフォンデュのコーナーです。

フォンデュ用にハートマシュマロ、チョコシュークリーム、ドーナツなどが置かれていました。

綿菓子のコーナーです。

綿菓子の元が4種類用意されていて、好きな種類の綿菓子を自分で作ります。

綿菓子作り体験もお子さんが喜びそうですね。

以上がキッズバイキングコーナーです。

どのような印象を持たれましたか?

私は「確かに他の湯快リゾートよりキッズコーナーが充実しているけど、大充実とまではいかないなぁ~。」という印象でした。

マグロ解体ショーが毎日開催!

湯快リゾートプレミアムホテル千畳では、南紀勝浦産マグロの解体ショーが毎晩開催されます。

私が宿泊した日(2020年1月15日)は、19時から1回のみ開催されました。

トップシーズン(夏休み etc.)などの宿泊客が多い時は、一晩に2回開催されることもあるようです。

マグロの解体ショーは人気で、特に海外の宿泊客の方が喜びますね。

マグロ解体ショーでさばきたてのマグロが提供されるのも魅力です。

希少部位の1つ・中落ちを宿泊客自身がスプーンでこすり取っていただくことができます。

画像提供:じゃらん.net

さばきたて新鮮なマグロがお皿に並べられます。

マグロ水揚げ量日本一の南紀勝浦産マグロを食べ放題でいただけるのは、マグロ好きには“たまらない”でしょう。

ちなみに他の湯快リゾートプレミアム(白浜彩朝楽、白浜御苑)でも勝浦産マグロは提供されています。

白浜彩朝楽でもマグロ解体ショーが毎晩開催されています。

“売り”以外のメニューも徹底チェック!

では、ここからはホテル千畳の夕食バイキングの“売り”以外の料理にはどんなものがあるかをレポートしていきます。

お刺身は、勝浦産マグロとサーモンが提供されています。

勝浦水揚げ生まぐろ握りと紀州 梅まだい握りです。

ホッキ貝握り、厚焼き玉子の握り、いくら軍艦、鯖握りです。

握り寿司は上記以外にサーモンハラス握り、マグロ鉄火巻きがあります。

新鮮サラダバーです。

血糖値の急激な上昇を防ぐ意味でもベジファースト(食事の一番最初に野菜を食べる)を心がけたいですね。

天ぷらコーナーです。

海老、れんこん、ハゼの3種類の天ぷらが用意されています。

天ぷらは揚げたてホヤホヤがいただけます。

天ぷらは天つゆか、塩でいただきます。

南高梅の茶碗蒸しです。小さめサイズです。

まずまずの味です。

牛ステーキです。

ステーキソースかおろしポン酢でいただきます。

写真では美味しそうに見えますが、あまり美味しくないんです(あくまでも個人の感想です)。

「もっと質の良い牛肉を提供して欲しいなぁ~。」というのが正直な感想です。

カキフライです。

カキフライは冬期限定メニューと思われます。

いかスティック唐揚げです。

こちらはビールのおつまみでしょうか。

枝豆です。

こちらもビールのおつまみですね。

紀州うめどり手羽先の甘辛揚げです。

紀州うめどりとは、紀州の梅酢を飼料にした贅沢な鶏です。

紀州うめどりは、食の総合見本市である2008食肉産業展で最優秀賞を受賞しているのだそうです。

紀州うめどり南蛮ソースです。

紀州うめどりの濃厚水炊きです。

濃厚と記載がありますが、意外とあっさりした味です。

ほうぼうと野菜の甘酢餡かけです。

ピッツァマルゲリータです。

ピザも焼きたてがどんどん運ばれてきます。

しらす和風ピッツァです。

ミートグラタンです。

海老のウニクリームパスタです。

海老マヨです。

春巻きです。

鉄鍋マーボー豆腐です。

中華玉子です。

和歌山ラーメンの有名店・井出商店が監修した和歌山ラーメンです。

井出商店の和歌山ラーメンが100%再現されているとは思わないでください。

井出商店が監修してはいるものの味は“なんちゃって和歌山ラーメン” の印象が強いです。

カニ飯です。

こちらは冬期限定メニューでしょう。

具だくさん味噌汁です。

本当に具だくさんです。味もまずまずです。

漬物コーナーです。

ゆず大根漬け、かつお梅干し、イカの塩辛、キムチ、福神漬けの5種が提供されています。

熊野牛カレーと和歌山県上富田産コシヒカリです。

それでは、ここからデザートをご紹介していきます。

デザート類は他の湯快リゾートプレミアム(白浜彩朝楽、白浜御苑)と大差ありません。

左からフランボワーズミルクケーキ、ティラミスケーキ、パイナップル、フローズンマンゴー、青森リンゴゼリー、安納いものケーキです。

いずれも一口サイズなので、いくらでもいけますね。

左から抹茶ロールケーキ、ストロベリーロールケーキ、オレンジ、ライチ、あまおうプリン、みかんタルトです。

いずれも一口サイズです。

うめ大福、白玉・きな粉・黒蜜、ぜんざい です。

ソフトクリームです。

コーンも用意されているので、自分で機械を操作してソフトクリームを作れます。

プレミアムではない湯快リゾートより上質で美味しいソフトクリームとの印象があります。

アイスクリームディッシャーでコーンや器に盛り付けるアイスクリームもあります。

アルフォンゾマンゴー、ブルーベリーチーズケーキ、ベルギーチョコレート、フランボワーズラズベリー、濃厚バニラ、キャラメルミルクの6種類が用意されています。

アルコール飲み放題(全43種類)も2,480円(税別)で提供されています。

ソフトドリンク(無料)も、もちろん用意されています。

コーラ、オレンジジュース、ウーロン茶、コーヒー(ホット or アイス)をはじめ約15種類のソフトドリンクが用意されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、湯快リゾートプレミアムホテル千畳の夕食バイキングを徹底レポートいたしました。

個人的な感想を述べさせてもらいますと、「もっと頑張れ!」と言いたいです。

そう思った理由は以下の通りです。

●海鮮焼き(海鮮バーベキュー)が“売り”のわりに海鮮焼き(海鮮バーベキュー)が充実していない!

●海鮮焼きが自分で焼くスタイル(海鮮バーベキュー)になっていない!

●海鮮焼き(海鮮バーベキュー)が充実していないので、夕食バイキングが他の湯快リゾートプレミアムより見劣りする。

●キッズバイキングコーナーが“売り”の1つだが、“売り”になりきれていない!

全く個人的な感想ですが、南紀白浜にある湯快リゾートプレミアムの中では夕食バイキングは最低評価です。

ちなみに1位は白浜御苑、2位は白浜彩朝楽、最下位がホテル千畳です。

スポンサーリンク