湯快リゾート三好屋のバイキング料理(朝食)

「今度、湯村温泉の湯快リゾート三好屋に泊まるけど、バイキング料理が気になる!」という方はいませんか?

そんな方のために三好屋のバイキング料理(朝食)を徹底紹介したいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください!

なお、夕食バイキングが気になる方は以下の記事をご覧ください

スポンサーリンク

和食メニュー

和食メニューは「他の湯快リゾートと大差ない!」というのが実感です。

ですが、勲章料理人大田忠道特製そば(温)、カニ汁など、地域限定メニューもありました。

マスの西京味噌焼きです。

焼き魚は既に焼かれた状態で提供されていました。

サバの干物です。

なかなか脂がのっていて、美味しかったですよ!

赤魚と大根の煮つけです。

焼き魚以外に煮魚も提供されています。

鶏すき煮です。

すき焼きの鶏肉版でしょうか?

わかめ酢です。

かぼちゃ含め煮のそぼろ餡です。

蓮根きんぴらです。

さつま揚げです。

出し巻き玉子です。

ネバネバ3兄弟(めかぶ、とろろ、オクラ)です。

ネバネバ3兄弟に納豆を加えた最強のネバネバ丼を作ることができます。

焼きのりと納豆です。

納豆は市販されている商品よりひと回り小さいサイズです。

勲章料理人大田忠道特製そば(温)です。

不覚にも食べ忘れました。

夕食バイキング時に提供されていた「出石皿そば」との違いを確認したかったです。

温泉湯豆腐です。

側には青ねぎ、すりおろしたショウガ、味噌が置かれていました。

温泉湯豆腐の他に温泉卵も提供されていました。

ご飯(お米)は、石川県産ゆめみづほです。

白粥です。

お茶漬けコーナーです。

ししゃもきくらげ海苔、みそ小胡瓜、おかず味噌(柚)、おかず味噌(鰹)です。

こちらの4品は、1F売店でも販売されているようです。

漬物コーナーです。

梅干し、しば漬け、福神漬、つぼ漬けが提供されていました。

味噌汁はなんと「カニ汁」でした!

これは嬉しかったですね。

実際に飲んでみましたが、カニの濃厚なエキスが染みていて美味しかったです。

見てください!

カニの身もしっかり入っていました。

洋食メニュー

続きまして、洋食メニューをご紹介します!

洋食メニューは和食メニューに比べて、品数が少なかったです。

新鮮サラダバーです。

ポテトサラダ、コールスロー、スイートコーン、ブロッコリー、紅芯大根、オニオンスライスの6種が提供されていました。

トマトやきゅうりが無いのは少し寂しいですね。

チョコデ二ッシュです。

焼きたては美味しかったですよ。

クロワッサンです。

こちらも焼きたては美味しかったですよ!

トーストです。

トースターで焼いてバター、ジャムをお好みでつけていただきます。

ウインナーです。

お好みでケチャップ、マスタードをつけていただきます。

フライドポテトです。

キッズメニューのミートボールです。

カレーです。

写真のような具だくさんカレーではないです。

味は今一つでした。

コーンスープです。

ドリンクメニュー

野菜ジュースと牛乳です。

夕食バイキングと同様にソフトドリンク11種(コーラ、オレンジ、ウーロン茶 etc.)が無料で飲み放題です。

コーヒー(ホット&アイス)とお茶(ほうじ茶、煎茶)も無料で飲み放題です。

紙コップとフタが用意されているので、部屋に持ち帰って飲むことができます。

デザートメニュー

ヨーグルト、青森リンゴゼリー、フローズンマンゴー、パイナップルの4品です。

デザートメニューはやや寂しいラインナップです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

湯村温泉・湯快リゾート三好屋の朝食バイキングを徹底レポートいたしました。

基本的に朝食メニューは他の湯快リゾートと大差ありません。

ですが、その中でも地域色を出しているメニューもありました。

特にカニ汁(カニの味噌汁)は、地域限定感があり、良かったと思います。

なお、夕食バイキングが気になる方は以下の記事をご覧ください

スポンサーリンク